間違った薄毛対策は悪循環に陥るので育毛剤で正しいケアを

薄毛、抜け毛には頭頂部から来るO型タイプ、おでこの生え際から薄くなるM型とありますが、頭頂部から薄くなるO型の薄毛の原因は血行不良です。血行が良い人の頭皮は青白いのですが薄くなっている方の頭皮は赤くなっています。血行不良だと髪の毛を生成する毛母細胞へ酵素や栄養が届きにくい状態になり、細胞の新陳代謝が低下し薄毛になるので育毛剤での対策が必要になります。M型の人はホルモンバランスの崩れです。薄毛になり易い遺伝は病気であろうと思われがちですが、薄毛対策予防の為の育毛剤は残念ながら医療費の対象にはなりません。薄毛になり易い原因には男性ホルモンが大きく関わってきます。この男性ホルモンはテストステロンと言い骨格や筋肉の成長促進、性欲の亢進等男性にとっては非常に重要な役割を果たすのですが、30代から低下していきます。テストステロンと毛乳頭に潜んでいる5αリダクターゼ因子が結びつく事により発毛を阻害します。適度な運動とストレス軽減等の生活習慣の見直し、そしてブラシ等での頭皮のマッサージは皮下組織が壊れ更なる薄毛を誘発します。カークランド 効果を実感するためには最低半年を目安に自分にあった育毛剤を継続して使用して下さい。若はげ対策には正しい育毛剤でケアしましょう